GoMore | 資産・財産・お金をもっと増やそう!

「資産・財産・お金をもっと増やそう!」

株式売買:取引銘柄 / 富士フィルムホールディングス

■購入

富士フィルム
100@4320


①時価総額も大きく安定している企業であること。
②チェキが絶好調なこと。
③コピー機が新興国相手に絶好調なこと。
④医療システムの売り上げが堅調なこと。
⑤バイオも富士フィルムが強みを持つ分野が注目(アビガンなど)されていて、さらに再生医療にも参加し始めたこと。
⑥7月まで1600万株、500億円上限に自己株買い実施を公言していること。
⑦国内外にそれぞれアピールできる材料があること。


上を見ると、どう考えてもいい結果になることしか考えられない。

もし自分が富士フィルムHD側だったとしたらこう考える。

「材料がとても豊富で複数の分野に色々な切り口からアピールできる今、注目を浴びている今こそ富士フィルムHDの知名度を更に広げることができるはずだ。」

「それも広告費をかけず世界に宣伝することができれば一石二鳥だ。
その方法ならある。」

「自社株買いだ!」

「…ってもう発表しているから、7月以降ならともかく追加発表してもインパクトは薄いな。」

「じゃあ、あれだな。」

「通期決算発表も近いし、いっちょぱーっと業績の上方修正を発表しよう。」

「こうすれば国内外の多数のメディアで修正情報をタダで宣伝してくれるから言うことなしだねっ。」


と。。。。


巨大なため価格の変動幅も小さいが、裏返せばそれだけ安定しているということ。
そのため、小さい幅でも大きな利益を産むことがで出来る証券界の巨人たち、機関投資家や海外投資家に好まれ、巨大な力を持つ年金基金クジラ達からも対象とされる。
日本を代表する企業であることから更に値を上げてくるだろう。

こまった時に買う銘柄にぴったりだ。

グッド決算、そして上方修正、決算発表後一段高になると踏み先回りで購入することにした。

にほんブログ村 株ブログへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
コメント
非公開コメント

【注意と免責事項】

当ブログの全ての記事は、自己取引結果や今後の予想などを綴っています。 趣味として書いているだけなので雑学記事として面白おかしく読んでもらえれば幸いですが、誰かに推奨するものではなく、記事内容の正確性や正当性を保証するものではありません。 当ブログを内容を元に利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。 投資などに纏わる全て推奨してませんし助言なども一切行いません。 記事の内容は理由いかんを問わず責任は負いません。 最終的な決定は、ご自身の責任『投資は全て自己責任』ですのでご認識よろしくお願いします。

ビジネスフォン電話工事全般を格安で導入。